マスターズ水泳チーム    「オーレ港北」代表ヒロ


by ole_kohoku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブレストのドリル(その2)

b0046234_215312.jpg コースをゆずってくれるチームがあり、今週初めに急きょ設定したチーム練習日にもかかわらず、5名参加。

 昨夜、ひげそりの手がすべり、3枚刃カミソリで小指の皮膚を剃ってしまった。血が流れるとまずいので、水に強いガーゼ付きばんそうこうで傷口を押さえ、ゴムキャップをかぶせる完全武装で練習に臨む。小指よりゴムキャップの方が長くて、泳ぎながら抜けそうになったけど、完全武装のおかげで傷口は問題なし。

 12月の練習はブレストのドリルに取り組んでいる。今日はその2回目。
 以下、その1(トラックバック参照)で書いたドリルの①と②をやってみて感じたこと。

 ① Heads-Up Pulling(コンパクトなプルと素早い腕の戻し)
    ゴーグルが水に触れないように素早く腕をまわす

 ひじを立てて(ハイエルボー)、水の中をかき回すようにすると上半身が浮いてくるので、ヘッドアップはかなり楽。プルしたあと、素早く腕を前方に突き出すところがポイントかな。腕を突き出す勢いで前方に重心が移動する感じがあるので、そこに体重をあずけて突っ込んでいけばよさそうだ。かき回すときに脇を締めるようにするとよい。

 ② Two Up,One Down(2回ヘッドアッププル、1回潜水)
    キックの後、ストリームラインで水の中の狭い穴を通る感覚をつかむ

 ①のプルのあと、素早く腕を突っ込んで行くときにしっかりとキックを打ち、頭を下げて、指先に体重をあずけていく感じかな。これがうまくできたときは、スィーッとスムーズに進む感触があるけど、キックが空振り(空打ち)だと下半身に体重が残ってしまい、進む抵抗になってしまう。このあたりが平泳ぎの難しいところだと思う。課題はキックですね。

 今日はハイエルボーを意識したので、ひじの下の腕の筋肉が少し張っている。 
[PR]
by ole_kohoku | 2004-12-12 21:44 | Swimming