マスターズ水泳チーム    「オーレ港北」代表ヒロ


by ole_kohoku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

公認水泳指導員研修会

b0046234_22295554.jpg
 4年に1回、指導員資格の更新時期が巡ってくる。更新するためには研修を受けなくてはならない。面倒なんだけど、せっかく取った資格なので失効するのも mottainai。ということで、10月の研修会に申し込んだ。

「常に深い教養と高い品性の陶冶に努めると共に、国民の生涯スポーツとしての水泳の普及と発展に努め、水の事故防止に寄与し、また、社会における指導者としての地位向上を図ることを目的として研修を義務付ける」
というのが研修の目的である。

「品性の陶冶(とうや)」って、なんだろうと「陶冶」を辞書を引いてみた。
1.陶器をつくることと鋳物をつくること。
2.人の性質や能力を円満に育て上げること。育成。「人格を―する」
 よくわからんけど、まあいいでしょう。(^^;)

 研修内容は、学科3時間、実技3時間で、9時30分から17時まで終日。

【学科】
 □水泳界・水泳指導員に関すること
 □水泳指導法・水泳事故
 □水泳の科学、地域の水泳組織
 □実践報告と研究協議
【実技】
 □日本泳法
 □救助法
 □蘇生法

 苦手な日本泳法があるぞ。\(ーー;)

 出席して修了証をもらうと指導員資格の更新が可能となる。更新後の有効期間は4年。
 研修費は7,000円。登録更新料は日本水泳連盟に10,000円、手数料が2,000円。
 それから写真の要項が1,500円。運転免許証よりは割高である。
[PR]
by ole_kohoku | 2005-09-06 23:17 | Swimming