マスターズ水泳チーム    「オーレ港北」代表ヒロ


by ole_kohoku
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

【7/25】鏡ヶ浦横断遠泳大会報告(4)

 40分ほど、泳いだところで、ちょっと休憩しようということになりました。
 目標タイムというよりは目安だったのですが、4Km(4000m)なら1時間30分もあればゴールできるだろうとチーム内では話してたこともあり、40分経過時点で全行程の半分ぐらいは泳いでいるだろうから休憩というわけです。休憩といっても休憩所があるわけではないので、立ち泳ぎをしたり、背浮きをしたりで、その場にとどまっているだけです。

 休憩中に現在地の確認をしようと思い、目標の緑の屋根を見たのですが、まだまだ遠くに見えてます。半分泳いていたとしても、目測で残り2Kmなんてわかりませんから、現在地の確認はできずじまい。

 周囲に何もない海の上で、これまでにどのくらいの距離を泳いだのか、現在の位置がどのあたりか見当がつかないのはストレスになります。モチベーションも下がります。コースロープが張ってあったらいいのになぁ…と思ったのは、このときでした。こういった遠泳ではどうやって距離感をつかむのでしょうか?

 前方を見ると船が見えました。200~300m先だと思われます。
「あの船のあたりが先頭グループじゃないですか?」
「あれが先導船だとしたら結構、前の方にいるのかな」
「よし、このまま行こう!」

 どこにいるのかわからないけれど、定かではないけれど、とにかく先頭グループからそんなに離されてないみたいだと信じて、再び泳ぎ始めました。
 スタートしてから45分経過です。

                              (つづく)
[PR]
by ole_kohoku | 2004-08-10 00:02 | Swimming