マスターズ水泳チーム    「オーレ港北」代表ヒロ


by ole_kohoku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

恩師の鬼コーチ


b0046234_22342848.jpg オアフクラブ港北のときにマスターズ水泳を指導してもらった恩師のWコーチから「北島康介祝勝会」と題した写真添付メールが送られてきた。北島選手を中央にコーチと奥さんのスリーショット(っていうのかな?)だった。東京SC(北島選手が所属しているスイミングクラブ)主催の金メダル祝勝会に招待されたときの写真だという。

 Wコーチは日本水泳連盟の競泳上級コーチで、東京SC時代にはトップ選手を指導していた実績のある大コーチである。今度、聞いてみるけど、おそらく北島選手は孫弟子か、ひ孫弟子になるのではないかと思う。100分の1秒を競う勝負の世界に身をおいていたWコーチ、北島選手の金メダルは超うれしかったのではないかと推察している。

 Wコーチは90年のオアフクラブ港北がオープンするときに支配人としてスカウトされ、東京SCから転職したと聞いている。支配人業務より現場の指導に情熱を注ぎ、オアフ港北にマスターズチームを立ち上げて指導してくれた。選手経験のないオジさん・オバさんスイマーが三流から二流ぐらいにレベルアップできたのも一流コーチの指導を受けることができたからこそで、Wコーチに出会ったおかげだと思っている。

 93年当時のオジさん・オバさん選手コースの案内

 Wコーチの指導は、自分が泳いでいるときのタイム(体感泳速)を体で覚えろということで、見事なストップウオッチさばきで、インターバルごとに全員のタイムを読み上げてくれた。ときどき「今、何秒で泳いだ」と戻ったときに聞かれるので、常にタイムを意識して泳ぐようになった。おかげで、前半は何秒で入り、後半を何秒で頑張るといったレースの組立ができるようになった。

 2001年の3月でオアフクラブ港北が閉鎖されることになったとき、チームメンバー全員でWコーチとのお別れ会をした。

 その後、自分たちでチームを作り、自分たちで練習、自分たちで大会に参加するようになった。自立を機にチームの名前を変えて、現在も続いている。来月、チーム恒例の秋刀魚バーベキューにWコーチご夫妻を招待した。恩師との3年半ぶりの同窓会になる。

 今ではこなせそうもない、鬼コーチの練習メニュー。頑張ってたんだなぁ…。
 http://homepage3.nifty.com/hiro_fswim/oahu_team/menu/990203.htm
 http://homepage3.nifty.com/hiro_fswim/oahu_team/menu/index.htm
[PR]
by ole_kohoku | 2004-10-25 22:56 | Swimming