マスターズ水泳チーム    「オーレ港北」代表ヒロ


by ole_kohoku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2005年 09月 04日 ( 1 )

2つのSNS

b0046234_1713389.jpg SNS(ソシアル・ネットワーキング・サイト)と呼ばれる会員制のネットワークが増えている。会員数が100万人を越えた日本最大のSNSである「mixi」と団塊の世代をターゲットにしたSNS「おとな愉快団!」の会員になっている。
 会員制のクローズなネットワークなので、だれでも読めるブログとはひと味違っている。近い将来、現在隆盛のブログとSNSの利用者が逆転するという総務省のレポートもある。
 会員同士がコミュニティーを作れるので、同好の士が集まりやすく、友達の輪ができて、気軽にコミニュケーションできる。プロフィールでどこの誰だかわかるので、オフ会に参加しても安心感がある。このあたりは昔のパソ通、ニフティーサーブのフォーラムを思い起こさせる。

b0046234_17125511.jpg おとな愉快団!は、団塊の世代がメンバーの中心で会員数はまだ100人弱。同世代の会話になるので気兼ねがない。興味あること、思い出話など、話題が共有できて、話もはずみ、なかなか楽しい。
 このSNS、最初に招待されて参加したときは、仕組みもわからず、何をしたらいいのかもわからず、みんなとまどうようだ。そこで、そのまま何もせずにいる人と積極的に日記やコメントを書きまくってはまる人に別れるようだ。うまく活用すれば、SNSがさまざまな情報の宝庫になる。楽しみながらサイバーワールドに仲間を広げていくのも悪くない。

※この記事を読んでSNSに参加してみたいなと思った方はご招待しますのでコメントして下さい。

IT用語辞典e-Wordより

SNS 【ソーシャル・ネットワーキング・サイト】
フルスペル : Social Networking Site

 参加者が互いに友人を紹介しあって、新たな友人関係を広げることを目的に開設されたコミュニティ型のWebサイト。誰でも自由に参加できるサービスと、「既存の参加者からの招待がないと参加できない」というシステムになっているサービスがある。
 自分のプロフィールや写真を公開する機能や、新しくできた「友人」を登録するアドレス帳、友人に別の友人を紹介する機能、サイト内の友人のみ閲覧できる日記帳、友人間でのメッセージ交換に使う掲示板やカレンダーなどの機能が提供される。
 有料のサービスもあるが、多くは無料のサービスとなっており、サイト内に掲載される広告や、友人に本やCDなどの商品を推薦する機能を設け、そこから上がる売上の一部を紹介料として徴収するという収益モデルになっている。
 2003年頃相次いで誕生し、検索エンジン大手のGoogle社が「Orkut」というソーシャルネットワーキングサイトを開設したことで話題になった。
[PR]
by ole_kohoku | 2005-09-04 17:13 | IT関連