マスターズ水泳チーム    「オーレ港北」代表ヒロ


by ole_kohoku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:Swimming( 69 )

チームのオリジナルキャップを7、8年ぶりにリニューアルした。
チーム名を以前の『Oahu』から『Ole!』に変更しただけだか、前よりキャップの色が明るくなった。30枚注文して、税込み80,640円。目立つキャップなので、混雑するマスターズ会場のどこにいてもチームメンバーを見つけられる。
b0046234_11224816.jpg

b0046234_1123757.jpg

オーレ港北チームは横浜国際プールで練習しています。
オーレ港北チーム

[PR]
by ole_kohoku | 2006-02-19 11:34 | Swimming

すばらしいお年賀

b0046234_10585774.jpg
セントラル横浜のメンバーから素晴らしいお年賀をいただいた。

凝った細工に
感動!


b0046234_1654759.jpg
祝!25周年
虹を越えて気球が飛ぶ


b0046234_2343595.jpg
裏側
手の込んだ細工


b0046234_1665165.jpg
マスターズ大会


b0046234_1671492.jpg
立体写真鑑賞用めがね付き


b0046234_1674510.jpg
立体写真
(クラブの玄関)


b0046234_168341.jpg
レースで力泳


b0046234_169073.jpg
ちょっとひと息


b0046234_1692169.jpg
スタンドにて


b0046234_161072.jpg
花束贈呈
[PR]
by ole_kohoku | 2006-01-10 06:54 | Swimming

セントラルマスターズ

 11月5日、辰巳国際水泳場で開催された第44回セントラル・マスターズ・フェスティバル。
 セントラルグループのマスターズ大会なので、いつものオーレ港北チームではなく、セントラル横浜チームのメンバーとして出場した。今回は100mと200m自由形に出場。10月からトータル・イマージョンのクロールにフォームを変えて初めてのレース。しかも長水路では今年初めて。
 結果は1分19秒27と2分57秒09。8月、9月にほとんど泳ぎに行けなかった練習不足の状態では納得のタイム。TIはいい感じ。自分の泳ぎに合っているようだ。まだまだ行けそう!

 セ横浜チームの大会アルバムはこちら
 以下、一部抜粋。
b0046234_11424840.jpg
 チームメンバー手作りの応援グッズ。
 ポンポン(というのかな?)はマツケンサンバで腰元ダンサーズが持って踊る道具と同じものみたいだ。横浜のうちわは黄と青の裏表リバースタイプ。


b0046234_11432426.jpg
 ポンポンを振ると付いている鈴がシャンシャンと鳴って盛り上がるが、激しく振ると鈴が飛び散る欠陥。応援は振り付けなしの適当だからそろってない。(笑)


b0046234_11435746.jpg
 大会後の打ち上げは月島でもんじゃ。

    乾杯!

 この瞬間を味わうために出場する。
 ビールがうまい!


b0046234_11443465.jpg
 「魚河岸もんじゃ」
 トッピングは、海老、帆立、あさり、コーン。もんじゃはビールによく合う!


b0046234_1145375.jpg
 露天商の「テキ屋のおやじ」ではなくて、チーム最年長のお父さんは2個メと2フリに出場。速いのです。20歳差、20年後に負けないタイムで泳げるように頑張りたいもの。
[PR]
by ole_kohoku | 2005-11-06 11:11 | Swimming

秋刀魚バーベキュー

b0046234_22471362.jpg


 チーム恒例の秋刀魚バーベキュー
 1998年から始めて、今年で7回目
 今年の秋刀魚は豊漁なのか
 一匹 80円 也
 煙を出して秋刀魚で焼くぜいたく
 

b0046234_012366.jpg


 別の網では帆立貝、焼き鳥、野菜


b0046234_013996.jpg
 

 焼きたての秋刀魚はおいしい!


b0046234_045588.jpg


 焼いて、食べて、飲んで
 大勢でやるから楽しい


b0046234_2248140.jpg


 泡盛「御酒(うさき)」を飲む
 これも good!
[PR]
by ole_kohoku | 2005-11-02 22:48 | Swimming

向井流水術

b0046234_21215255.jpg 早起きして水泳指導員の研修会に行ってきた。9時25分から17時まで学科と実技を一日たっぷり。今回のメインは日本の古式泳法で、数ある流派の中から向井流を学科(歴史)と実技で体験させてもらった。

 日本水泳連盟が公認する日本泳法は12流派ある。新統流、小堀流、山内流、神伝流、水任流、小池流、岩倉流、能島流、観海流、水府流太田派、水府流水術、そして、向井流小樽会津、東京)。学科と実技を説明してくれた女性の先生は向井流範士。「範士」…カッコイイ響きですね。指導員よりいい。

 プールの実技では、向井流の門弟(というのか?)によるデモンストレーションから始まった。全員女性で、3人が三角形の隊列を組んで、縦あおりというキック(というかな?)で、ヒラリヒラリ抜き手を切り、右に左にスイースイーとジグザクに進んでいく。鳥が飛ぶように泳ぐ「雁行(がんこう)」という御前泳ぎ(殿様の前で披露する)だそうだ。

 デモはさらに続き、船に飛び上がるために上半身を水上に出す諸抜手(もろぬきで)、背浮きで足の指に挟んだ扇子を水上に出したままの状態で体をうつぶせに半回転、再び仰向けに1回転させる扇子諸返し(せんすもろがえし)、水中ウオーク(歩くように泳ぐ)と初めて見る水術に「オーッ」と感動した。

 実習では、順下(顔を沈めずに足から飛び込む)、逆下(そんきょの姿勢から顔を沈めずエビぞって胸から飛び込む)から抜き手、師範代の抜き手と競泳(指名されてヘッドアップクロールで泳いだけど近代泳法の方が速い)、立ち泳ぎ5分間(3分でリタイヤ…筋肉痛になりそう)、略体伸し(横泳ぎ)、水中ウオークと、水術まで行かない、ほんのさわり程度。

 なかなか面白かったので、ネットで向井流を検索した。このサイトには泳ぎ方の説明があった。こんど、チーム練習でやっちゃおうかな。
[PR]
by ole_kohoku | 2005-10-16 21:22 | Swimming
b0046234_2314265.jpg
          座学:トータルイマージョンとは。

b0046234_23153397.jpg
         実技:水中と水上のフォームビデオ撮影。

 取りあえず写真を掲載。
 TIワークショップ(10/9 追記)

 TIジャパンの代表がトータルスイムマガジンで、日本で初のワークショップ開催報告を記事にしてくれました。私のワークショップ報告はmixi上のTIコミュニティにアップしたので、ここでは私が感じたTI流のクロールがどんなものだったかをボールを投げるときのイメージに例えて紹介します。

 ボールを投げるフォームには、オーバースローとアンダースローがあります。上から投げるフォームと下から投げるフォームです。プロ野球の投手とソフトボールの投手の投げ方をイメージして下さい。 一般のスイミングで習うのはオーバースローの泳ぎです。競泳選手の泳ぎも同じです。上から上から腕を回転させます。

 これに対してTIのクロールはアンダースローの泳ぎです。感覚的なものなので、わかりにくいかもしれませんが、下から下から腕を差し出していく感じです。TIでは、リカバリーは腕を顔の横まで脱力した状態(肘をあげて腕ぶらぶら)で持ってきます。そこからストンと垂直に水中に落として、前方に腕を伸ばしてアンダースイッチ。この繰り返しで推進力を得ます。

 これまで、わたしが習ってきたリカバリーは、同じ状態で腕を顔の横まででなく、もっと前方(頭の先)にエントリーして入水、キャッチ、S字プルとつながるものでした。この動作の感覚を上から腕をぐるぐる回すオーバースロー的な動作という意味で表現してます。一方、TIでは肘を高く上げて顔の横までリカバリーした腕をそこで垂直に落とします。落とした後、体のひねり(ローリング的動作)を加えながら腕を前方にグイと伸ばして推進力を得ます。TIのアンダースイッチ、スケーティングです。この感覚を私はボールを投げるイメージに例えてアンダースローだと感じました。

 クロールでのオーバースローはグイと水をかき込むパワーが必要だけど、アンダースローはグイと前方に手を突き出せばよい。省エネ動作で同じような推進力を得ることができるわけですから、このTI泳法の極意をさらに追求しようと思ってます。

 水曜日の夜から5日連続でプールに通い、自分が感じたオーバースロー、アンダースローの動作を繰り返し試して比べてみました。アンダースローの方が飛沫も上がらず、スィースィーと体重移動をしながら滑るスケートのイメージに重なります。確かにインターバル練習をしても楽です。滑る時間を長く(ストロークを少なく)すれば楽ですがスピードは落ちます。スピードを上げれば滑る時間は短くなります。マスターズスイマーとしては、このあたりの兼ね合いをもっと研究する必要がありそうです。

 ワークショップに参加して、TIの泳法はこれまでの泳ぎに対する発想の転換になりました。数年前に目を付けたTI泳法(メソッド)はなかなかの優れものです。目の付け所は間違ってなかったと思っています。

 明日は横浜市民マスターズ。TIクロールで成果がでれば、いうことないのですが、実は自由形にエントリーしてなかった。σ(^-^;)

 個人メドレーで最後の25mだけクロールを泳ぎますが、他の泳ぎはお粗末なので、エネルギーを消費した後のクロールはおそらくヨレヨレです。でも決して、TIクロールの問題ではないことを宣言しておきます。
[PR]
by ole_kohoku | 2005-09-27 23:15 | Swimming

オリジナル・Tシャツ

 セントラルの「TR1000」に参加。TRはトレーニング、1000は1000mの意味。40分間で合計1000mのインターバルトレーニングコース。同じく40分間の「TR1500」が木曜日にある。水曜日はマスターズ練習がある。きちんに通えば、月、水、木と週3回は泳げるのだが…。

 月曜日の担当は男性のチーフコーチ。若い女性コーチが2人参加。一人は水曜日のマスターズ練習担当、もう一人は木曜日のTR1500担当。チーフコーチの練習レッスンに参加するのも若いコーチには参考になることが多いだろうし、クラブにとってもいいことだと思う。

 1.アップ SKPS 100m
 2.スイム(フィン)  50m×6     
   ①左手前方サイドドルフィン25m+バタフライ25m 
   ②右手前方    (同上)
   ③左手前方サイドドルフィン25m+クロール25m
   ④右手前方    (同上)
   ⑤左手前方サイドフラッターキック25m+クロール25m
   ⑥右手前方    (同上)
 3.プル        25m×10
 4.スイム       25m×10(奇数回Hard、偶数回Easy)
 5.ダッシュ      25m×4(ヘッドアップ12.5m+スイム12.5m)

 2はフィンをつけたサイドキックで、ゆっくりとけり上げ、けり下げの感触をつかむ練習。
 TIのスケーティングドリルと姿勢は同じ。

 トップは2バタを2分20秒で泳ぐ女性コーチ、2番、3番は20代の男性、4番はわたし、5番に30代男性、6番に女性コーチ、7番は30代女性、8番は40代女性、ラストは60代女性。長い距離をメニューに組まないのはトップが追いついてしまうから。その代わり、1本、1本、練習ポイントを意識しながらていねいに泳ぐ。1000mだけど、ドリルもあるし、強弱のメリハリもあるので、いい感じの練習メニュー。練習終了後はTIドリルで仕上げ。
b0046234_22391549.jpg
 クラブのオリジナルTシャツを注文した。四つ葉のクローバーをデザインして、なかなかいい感じの色合い。HOPE、FAITH、LUCK、LOVEが四つ葉の意味するところらしい。「34」の数字の意味は何だろう。今度聞いてみよう。マスターズチームメンバーは、そろってこれを着て、11月のセントラルマスターズ大会で仲間を応援することになる。

 今週の仕事日は3日間、明日は会議で終了後、懇親会。明後日は岐阜に会議出張で一泊。
 週末のTIのワークショップまで泳げない。
[PR]
by ole_kohoku | 2005-09-19 22:39 | Swimming
b0046234_9404381.jpg 久々にセントラルのマスターズ練習に参加。

1.UP       50m×6
2.SKPS    100m×6
3.SWIM     75m×8
   ①-④(H50m+E25m)×4
   ⑤-⑧(E50m+H25m)×4
4.IMリバース 100m×1

 Total 1,600m(45分間)

 うしろからついていくだけで余裕なし。
 筋肉痛がでそう。
b0046234_9472756.jpg
 25周年イベントの写真が載ったクラブの会報ができてました。
b0046234_10152791.jpg

[PR]
by ole_kohoku | 2005-09-14 23:12 | Swimming

平日の横浜国際プール

 今日は休み。本当はこのまま夏休みを取りたいのだけど、急に飛び込んだ大きなイベントのおかげで、後まわしになった仕事が待っているんだよなぁ。

 でも今日は休み。徹夜ぼけで、明け方の4時ごろに目が覚めてしまい、暑くて寝ぐるしかったが、我慢して8時半ごろまでウトウトした。起きてからも頭の中がスッキリしない。肉体的な疲労よりも精神的な疲労なので、寝覚めが悪いのかもしれない。気分がよくないので、久々に泳いでストレスを発散させることにした。

 あんこもお泊まり後のストレスか、下痢状態で朝食も食べない。午前中に病院に連れて行き、薬をもらう。今晩の夕食も抜きで様子を見る。食欲はないけど、元気なので大丈夫だろう。

 昼食後、カミさんと近所の家具センターに行った。途中、銀行に寄り、11月のマスターズ大会のエントリー費用を振り込む。家具センターで傘立てと枕の買い物を終えたカミさんと別れ、ようやく横浜国際プールに向かった。

b0046234_212135.jpg 期間限定「横浜国際プール特製バッグ(非売品)プレゼント」をもらったけど、ただのビニール袋だった。

 15時過ぎからメインプールで泳ぎ始めた。1コースを専有で貸し切り状態。まずは、100m×10(2分30秒)、50m×20(1分15秒)で2000m。気持ちよく泳げたが…100mは1分50秒、50mは55秒かかっている。イージースイムだけど、秒速1mをキープできない、かなりショックなタイム。しばらく泳がないでいれば、タイムはすぐ落ちるけど、元に戻すのはかなりたいへんなのである。体育の日にある次の大会まで、ちょくちょくプールに通うしかないのだが…。

 貸し切り状態でも、なかなか一人ではハードに練習できない弱い性格なので、このあとはドリルや他の泳ぎで、30分ほど流した。トータル2500~2600mぐらいで、約1時間半。

 久々に泳ぎ、ほどよい疲労感があって、今晩はよく眠れそうだ。
[PR]
by ole_kohoku | 2005-09-13 22:29 | Swimming

公認水泳指導員研修会

b0046234_22295554.jpg
 4年に1回、指導員資格の更新時期が巡ってくる。更新するためには研修を受けなくてはならない。面倒なんだけど、せっかく取った資格なので失効するのも mottainai。ということで、10月の研修会に申し込んだ。

「常に深い教養と高い品性の陶冶に努めると共に、国民の生涯スポーツとしての水泳の普及と発展に努め、水の事故防止に寄与し、また、社会における指導者としての地位向上を図ることを目的として研修を義務付ける」
というのが研修の目的である。

「品性の陶冶(とうや)」って、なんだろうと「陶冶」を辞書を引いてみた。
1.陶器をつくることと鋳物をつくること。
2.人の性質や能力を円満に育て上げること。育成。「人格を―する」
 よくわからんけど、まあいいでしょう。(^^;)

 研修内容は、学科3時間、実技3時間で、9時30分から17時まで終日。

【学科】
 □水泳界・水泳指導員に関すること
 □水泳指導法・水泳事故
 □水泳の科学、地域の水泳組織
 □実践報告と研究協議
【実技】
 □日本泳法
 □救助法
 □蘇生法

 苦手な日本泳法があるぞ。\(ーー;)

 出席して修了証をもらうと指導員資格の更新が可能となる。更新後の有効期間は4年。
 研修費は7,000円。登録更新料は日本水泳連盟に10,000円、手数料が2,000円。
 それから写真の要項が1,500円。運転免許証よりは割高である。
[PR]
by ole_kohoku | 2005-09-06 23:17 | Swimming