マスターズ水泳チーム    「オーレ港北」代表ヒロ


by ole_kohoku
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:Swimming( 69 )

 このところ、落ち着いてブログを書いてる時間がないので、書こうと思っているネタを一気に数本登録しておこう。予告編みたいなもので、こうしておけば、落ち着いたときに書くはず。σ(^^;)

b0046234_22434092.jpg【6/5追記】
 月島のもんじゃ焼。この写真は豚キムチもんじゃ。マスターズ大会が終了した直後の辰巳国際水泳場かいわいは真っ暗な空からどしゃ降りの雨といなびかり。その中をズボンの裾をまくり上げて、地下鉄辰巳駅まで移動。月島の商店街を歩いてお店に向かうときはかなり雨足も弱まった。月島のもんじゃ街で、開業50周年の老舗を24名で予約しての大会打ち上げ。いつものことながらにぎやかに盛り上がりました。

b0046234_22443254.jpg
 雨の上がった月島の商店街を帰路につく。先週の土曜日(5/28)にテレビ東京のアド街ック天国で月島を特集していたけど、最近は高層マンションがにょきにょき立っている。


b0046234_2247427.jpg セントラルグループのマスターズ大会。辰巳国際のメインプールを横切って泳ぐ短水路大会。マスターズ登録をこの日のためにオーレ港北からセントラル横浜に移行。セントラル横浜からは総勢28名が出場した。きちんと全員のラップを取ってくれるマスターズ担当コーチに感謝。

 「トレーニング1500m」のレッスンを担当している新入社員コーチ(女性)が200自由形に出場、バタフライで泳ぎ、2分20秒。18-24歳区分の大会記録をあっさり更新した。バッタがスタイル1で、日本選手権、国体にも出場していたコーチ。もちろん、打ち上げ時のヒロインでした。

 この日は96年以来、9年ぶりに1個メに出場。見事にぞろ目のタイム(1分33秒33)をねらってだしました。うそですけどね。(笑)
 9年前の1個メのタイムは1分32秒だったので、あまり進歩してないと思うべきか、まだ衰えてないと思うべきか、微妙なところです。σ(^^;)
[PR]
by ole_kohoku | 2005-06-03 21:48 | Swimming
 バルセロナ五輪の金メダリスト「岩崎恭子の水泳教室」に参加した。岩崎さんはたいへんスリムでかわいい女性でした。

 水泳教室には、70名のおばさん、おじさんの生徒(おばさんの方が多い)が参加。セントラル所属の‘96アトランタオリンピック水泳日本代表(平泳ぎ):宮崎義伸さんの司会で、まずは岩崎さんの50m平泳ぎの模範泳から始まった。リカバリーで背中が全部、水面上に出る泳ぎに「これはまねできないなぁ」と感心する。

 このあと、生徒全員がプールに入り、最初は「けのび」の指導。岩崎さんが3つに分かれた各グループのコースで見本を見せる。水中のストリームラインは、手の先から足の先まで背中が一直線で、非常にきれいな姿勢。ここで生徒のおじさん、おばさんが順番にけのび練習を開始。途中で岩崎さんから肩関節が固くて、手を重ねてストリームラインが作れない人は、無理せずに手を開いた万歳姿勢でよいから背中をまっすぐに伸ばした姿勢を作るようにとアドバイス。

 続いて「キック」、けのびと同様に見本を見せて、キックはかかとをお尻にまっすぐ引いて、足先を外側に開いてける。けりっぱなしではなく、けったあとも足先をそろえるようにとアドバイス。各コースで生徒たちのキックを見ながら足を手で補助して指導。わたしは引いたあとの足を外側に向けるように矯正された。おじさんもわかっているんだけど、関節が固くて開かないんだよね。(ため息)

 最後に「ストローク」の指導。選手のように上半身が水面上に出るような泳ぎはまねできないので、平面な姿勢でもいいから、かいた手を素早く伸ばしなさいとのアドバイスにおばさんたちは「そうなのよね」と、うなずきあいながら話を聞いている。「説明はよくわかるけど、できないのよねぇ」という声も聞こえる。平泳ぎをコンビネーションで何度か泳いでレッスンは終了。

 最後はプール内で岩崎さんを中央にした集合写真の記念撮影。そのあと、プールの出入り口前に立って、引き上げる生徒の一人ひとりと握手。わたしのうしろのおばさんが「70年生きてきて、今日が一番しあわせ」とバルセロナで金メダルを取ったあとのインタビューのことばでお礼をしていたのがほほえましい。

 イベントですからレッスン内容がどうのこうのということではなく、楽しく参加できればよいというレベルの水泳教室でした。
[PR]
by ole_kohoku | 2005-05-29 21:00 | Swimming
b0046234_1212057.jpg オーレ港北チームでもドリル練習に採用している「Total Immersion」ですが、Yumingさんのブログで、TIジャパンが設立されたことを紹介してくれました。早速、本家のサイトに行って「TI WORLDWIDE」から「TI Japan」のウェブページに飛んだところ、なんと日本語のサイトでした。「トータル・イマージョン・スイミング」がどのようなものか、きちんと説明されてます。サンプルビデオも一部見ることができます。

 どうやら今秋から本格的に活動するようで、TIジャパンの主な活動内容が記載されてました。
   ・インターネットホームページの運営
   ・TIビデオ教材の日本語化
   ・フィストグラブなどTI関連ツールの販売
   ・TIスイム・サロンの運営
   ・TIワークショップの開催
   ・TIティーチング・プロの育成
 ちょっと期待したいですね。

b0046234_1222914.jpg すでに通販は始まっていて、ウェブページから簡単に注文ができます。本家のサイトでも販売していない左写真の「テンポトレーナー」を注文しました。
 商品説明では「頭に装着する防水型メトロノームです。ピッという音に合わせて泳ぐだけの簡単な仕組みですが、これまで水泳であまり考えなかった「リズムを維持する」大切さが実感できます。ハイレベルな練習がしたいアスリートにも、水泳がうまくなりたいスイマーにもお勧めです」 とあります。
b0046234_127532.jpg
 10年前に左写真の「CASIO SWIM TRAINNER」というデジタルウオッチをスイミングキャップの中に入れて練習していたことがあります。一定時間ごとに「ピピピッ」と鳴るようにタイマーをセットして、泳ぐペースを体で覚えるのが目的です。ターンのたびに「ピピピッ」と鳴らして、100m、200mを一定のペースで最後まで泳ぐ練習。疲れてペースが落ちてくるとターン前に「ピピピッ」と鳴ってしまいます。遅れをとらないように頑張ってタイマーと競争しながら泳ぎました。10年前だからできたんで、今ではとてもできそうもないですが、なんとなく懐かしさを感じて、TIの「テンポトレーナー」を購入してしまいました。届いたらチームの誰かにつけて泳がせよう。(^^;)
b0046234_2303382.jpg【5/25 追記】
 日曜日にネットで注文した「テンポ・トレーナー」が本日届きました。さすがに通販も国内だと速い。トータルイマージョン・ジャパン代表の方からもこのブログを見たとお礼のメールをいただきました。TI-Japanのウェブサイトも好評のようで、6月下旬から「TIスイムサロン(クリニック的なものらしい)」を開設して活動を開始するそうです。案内などが来たら、折にふれて紹介したいと思います。
[PR]
by ole_kohoku | 2005-05-22 09:16 | Swimming
b0046234_22392848.jpg
 オープン25周年記念イベントの案内状が郵送されてきた。バルセロナ五輪の金メダリスト、岩崎恭子の水泳教室があるようだ。成人50名、予約制。明日、申し込んでみよう。間に合うかな。もしかすると、スクールのおばさま、いやお姉様たちに遅れを取るかもしれない。

(5月10日追記)
「岩崎恭子の水泳教室」残りあと少しのところで間に合いました。平泳ぎを教えてくれるかな。
[PR]
by ole_kohoku | 2005-05-08 22:43 | Swimming
b0046234_1905442.jpg
 オーレ港北チームから2名出場、席はセントラル横浜チームの陣地に間借り。

 さて、まずは結果から。100m自由形は1分16秒77(36.74→40.03)、前半36秒台で入ったおかげで後半バテました。いつもイーブンペースで前後半の差がないのに今回はあるじゃないか(強調!)。いつもより積極的に泳いだということで良しとします。順位は5/9位。最近の1フリはおじさん世代でも10秒を切らないと勝負にならない。真ん中あたりの順位は定位置になってきた感があります。

 問題の25m背泳。タイムは21秒62。練習時の23秒からスタートのけのびで1秒、気合いで1秒、短縮できたのですが、いかんせん技術が足りず、目標にあと1秒届かず。この種目も20秒を切らないと勝負にならない。順位は11/11位。早い話がビリです。早くなくてもビリですが…。

 チームメートから腕の回転を速くした方がいいですよとアドバイスしてくれたので、かなり振り回したせいか、水しぶきが鼻から入るし、苦しい思いをしました。TIドリルを忘れたかなりひどいフォームの泳ぎだったのは間違いないところです。Yumingさんに見られちゃったかな。σ(^^;)

 Total Immersion のドリルは効果がありました。35歳区分のチームメイトは「ベストが出そうだ」との宣言通り、100m背泳で1分9秒を出し、これまでのベストを一気に3秒短縮しました。本人も「平均週1回程度の練習で、大学時代に毎日練習していた時より速くなれるとはちょっと驚きです。やはりフォームが大事ということですね」と言ってます。ダウンでTIドリルを始めたら1時間やってしまったとのこと。

 わたしのビリは、まだTIドリルをマスターできてないことにつきます。バックではスイートスポットが見つからず、スーッと進む感触がつかめません。まだまだ、フォームも改善の余地あり。
 GWのチーム練習はTIドリルの研究にしよう。
b0046234_22514870.jpg
 【おまけ】プールに向かう途中の公園の桜が満開でした。
[PR]
by ole_kohoku | 2005-04-17 19:00 | Swimming

新入社員のコーチ

 今日も頑張って泳いできた。今週はこれで4回目(日、月、水、木)。
 プールに行く努力をしている自分をほめてあげたい。(^^;)
 先週から木曜日の「トレーニング1500mコース」は、4月1日入社のフレッシュな女性コーチに
代わってた。新人らしく、息の抜けない練習メニューでした。(笑)

 1.アップ(choice)  50m×4(1分15秒)
 2.S           50m×4(1分15秒)
           (Fly-Ba、Ba-Br、Br-Fr、FrーFly)
 3.K           25m×8(45秒)
            (偶数:IM、奇数:Free)
 4.P           25m×8(45秒)
            (偶数:Easy、奇数:Hard)
 5.S           50m×4(1分15秒)
              (片手スイム)
 6.S           50m×10(インターバル・ピラミッド)
   (1:30、1:20、1:10、1:05、1:00、1:00、1:05、1:10、1:20、1:30)
[PR]
by ole_kohoku | 2005-04-14 23:33 | Swimming

25m背泳

17日の短水路マスターズ(さがみはら)まで、あと4日。
今回は100m自由形と25m背泳にエントリーしている。

今日の練習で、25m背泳のタイムを計ってもらった。
1回目は途中で足がつり、棄権。
自由形なら足がつっても25mぐらいならなんとか泳げるんだけど、背泳はだめです。
おぼれました。(ーー;)

気を取り直しての2回目は23秒。
うぅっ、信じられない…じゃなくて、信じたくないタイム。
目標の20秒まで、あと3秒もある。

下手なスタートをやめ、水中発進のけのびでかせいで1秒、気合いで1秒短縮しても
あと1秒をどうやってひねり出すか…。

いい作戦はないですかね。
[PR]
by ole_kohoku | 2005-04-13 23:11 | Swimming

2日連続で練習

 昨日は横浜国際の長水路メインプールでオーレ港北チームの練習、10名参加でにぎやか。
 そして今日はセントラル横浜の1000mトレーニングコース、冷たい雨で参加者は4名。
 次の日曜日はさがみはらグリーンプールでのマスターズ大会。例によって、一夜漬け練習になるけど、今週はあと2回ぐらい泳いでおきたい。

 昨日の練習メニューはこちら

 今日の練習メニュー

1.アップ(choice)       25m×4(  45秒)
2.KS               50m×6(1分30秒)
3.P(25mFree+25mFly)  50m×6(1分30秒)
4.S(Descending)      50m×4(1分15秒)
5.S(Normal+Headup)   25m×4(1分   )

           合計     1000m

 集中して、負荷をかければ、この程度の練習でも満腹。
 最近は2000mを越える練習をすると疲れが残っちゃって。
[PR]
by ole_kohoku | 2005-04-11 23:22 | Swimming

ドリル練習(Free & Back)

b0046234_21334955.jpg
 先週からチーム練習のメニューに Total Immersion Freestyle と Backstroke のドリルを組み込んでいる。いくつかのドリルをチョイスして、フリーとバックを交互に練習するようにアレンジした。フリーとバックは同じ種類の泳ぎなので、交互にドリルをすれば、同じリズムで泳げるはずだ。昨年末には同じ理屈でバタフライとブレストのドリル練習をしている。

 今日、練習したドリルを紹介する。文章では伝わりにくいかもしれないけど…。
①Basic Balance Side(Looking Down & Nose Up)
 手は気を付けの位置、体をローリングさせて横向きの姿勢になり、サイドキックで進む。顔を下に向ければ、フリーのドリル(右向き、左向き:25m×2)。鼻を上に向ければ、バックのドリル(右向き、左向き:25m×2)。このドリルでは、スイートスポットと呼ぶ、なめらかに進む体の位置(ローリングの角度)を見つけることが重要。
②Hand Lead SweetSpot(Looking Down & Nose Up)
 ①の横向き姿勢から片手を前方に出し、サイドキックで進む。Skating Position と呼ぶ、キックして、スーッとDownhillするように進む感覚をつかむ。①と同様に顔を下に向けてフリーのドリル(右向き、左向き:25m×2)。鼻を上に向けてバックのドリル(右向き、左向き:25m×2)。
③Triple Switch(Freestyle & Backstroke)
 ②の姿勢で1ストロークごとにローリングしながらキック、3ストローク目で左右切り替え。(フリー:25m×2、バック:25m×2)
④Single arm Freestyle & Backstroke
 ②の姿勢から片手スイム。フリー(右、左:25m×2)、バック(右、左:25m×2)。
⑤Long Axis Combination
 (バック:4ストローク)+(フリー:3ストローク)を交互に繰り返し、同じリズムで泳ぐ(25m×2)。
 最後にスイムで(フリー25m+バック25m)×2を泳ぎ、合計500mでドリル終了。
 ②のドリルでバックのサイドキックをすると、前方に出した手の角度とローリングの角度でスーッと進むポジションがある。このポイントを押さえれば、バックはかなり上達するはずだ。

 スタイル1がバックのチームメンバーが、今回のドリルで何かをつかんだらしく、「今、レースがあればベストを更新できそうです」と言ってた。彼の100mバック(Best 1:12.70)とわたしの25mバックは4月17日の短水路相模原大会。さて、二人はベストを更新できるでしょうか。
 こう、ご期待!

 おっと言い忘れましたが、わたしは初バックなので完泳すればベストでした。σ(^^;)
[PR]
by ole_kohoku | 2005-03-27 21:34 | Swimming

お別れ練習会

b0046234_2335515.jpg
 マスターズ担当のコーチが異動することになり、今日が最後の練習会。今日の練習メニューは昨年末の泳ぎ納めのときと同じメニューで、50m×41(1分)の2050m。自分にはできないと思ってたメニューなのに σ(^^)に泳がされてできてしまった。在任中で一番印象に残った練習メニューなので、最後にやりたかったとのこと。水泳のコーチがこの程度のメニューでおおげさな…と思うかもしれないけど、実はこのコーチ、陸上の短距離でインターハイに出場しているスプリンター。泳ぐより走る方が得意なのです。

 今日の参加者は10名、お別れ練習なのでいつもより多い。2コースに別れて練習開始。コーチは泳がず、スタートの合図を出すだけ。「他人にきびしく、自分に甘い」ところが自分の欠点というだけのことはあります。(笑)

 41本泳ぎ終わったところで、5人ずつに別れ、ひとり50mのリレーで締めくくり。さすがに最後のリレーのダッシュはきつかった。バテバテの泳ぎで足もつりそうになり、ヨレヨレで引き継ぎ。情けないけど、スタミナも落ちているんだな。それでも久しぶりに泳いだぁ~という感じが心地よい。

 マスターズチームを盛り上げてくれたコーチ、ご苦労様でした。異動先でも頑張ってください。マスターズ大会の会場でまた会いましょう。
 
[PR]
by ole_kohoku | 2005-03-23 23:04 | Swimming