マスターズ水泳チーム    「オーレ港北」代表ヒロ


by ole_kohoku
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:雑記( 60 )

クリスマスイブ

 今日を休めば4連休になるからなのか、朝の通勤時から電車がすいていた。クリスマスイブだからか、帰宅時の汐留から新橋駅に向かうゆりかもめのスカイロードはカップルが目につく。ひとりさびしく歩くおじさんは家族にステラおばさんのチーズケーキ(クリスマス限定)を買って帰宅。家族歴2ヶ月のあんこが飛びついてきて出迎えてくれる。宝くじでも当たらない限り、女房が飛びついてくることはないだろう。

 スキーから娘が帰ってきて、あんこをヘルスメーターに乗せたら、ちょうど体重が1Kg。1週間で200gの増。だんだんと体つきもしっかりしてきた。犬の4ヶ月というのは人間の何歳ぐらいなんだろうか。成長するのが早い。

   (写真左)2ヶ月前/400グラム    (写真右)昨日のあんこ/1キログラム

b0046234_2324932.jpgb0046234_23244377.jpg
[PR]
by ole_kohoku | 2004-12-24 22:43 | 雑記

カレー風味のカツ丼

b0046234_20564225.jpg
 今日は女房がご近所の奥さん同士の忘年会で留守。夕食は自前で娘と二人。そこで、ちゃこりんさんがブログで紹介してくれた「カレー風味のかつ丼」を作ってみた。

 材料:肉屋のトンカツ、瓶詰めのそばつゆ、S&Bのカレー粉、タマネギ、卵、ミツバ

 ①そばつゆを丼用(瓶に書いてある)に水で薄めて、カレー粉小さじ1杯、砂糖と酒少々
 ②タマネギのスライスを入れて、火にかけ、切ったトンカツを並べる
 ③煮えてきたら溶いた卵を流し入れ、ミツバをばらまき、火を止めてふたをする
 ④卵が半熟になったらご飯にのせてできあがり

 帰宅した娘に先に食べさせたら「なーに、これ。カレーの味がするよ」と一言。
 「どんな感じだ」と聞いたら「おいしいよ」というので自分の分も作った。(写真)

 まあまあ納得の味だったけど、カツ丼の味とカレーの味のバランスを工夫したら、もっといけそうな感じがした。うまく説明できないので、ぜひ試しに作ってみて下さい。
[PR]
by ole_kohoku | 2004-12-18 20:56 | 雑記

b0046234_2145202.jpg
 汐留の夜景を携帯メールで送信します。師走の街はクリスマスモード。仕事帰りに撮影、電車からの送信です。

b0046234_21454348.jpg
 帰宅してからもう一枚アップ。画像もちょっと加工したのですが、携帯のカメラ性能が今ひとつといった写り具合ですね。でもカメラマンの腕のせいじゃないです。(^^;)
[PR]
by ole_kohoku | 2004-12-11 20:25 | 雑記

横浜中華街

 昨日、JR大船駅近くの某メーカー研究所に出かけた。FOMAを使った映像のライブ中継、IPネットワークでのハイビジョン映像送信、セキュリティなど、実用化されている最新技術のデモを2時間にわたって見学した。

 おもしろかったのは「電子透かし」の話。封切り前の映画を試写会場などでデジタルビデオカメラに撮影、その映像をDVDに焼き、海賊版として売るやからがいるそうだ。その対策として映画に電子透かしを入れておき、海賊版のDVDからその透かしを検出すれば、どこの映写会場で写されたがわかるので、警備を強化するなどの対応策がとれるようになるという話。DVDが出回ってから警備を強化したって遅いんだけどね。

 帰りは同僚3人と京浜東北線に乗り、石川町下車で横浜中華街に寄り道。同僚のここがお薦めという広東料理の「酔仙酒家」で飲み会。お薦め料理の「白灼尤魚(豆イカのさらし葱特製醤油かけ)」と「杏林春満堂(豚挽肉のレタス包み)」で紹興酒を飲んだ。料理の量もたっぷり、いかは柔らかく、豚挽肉は香ばしく、どちらも「まいう~」でした。豚挽肉はレタスでなく、白いご飯にまぶして食べたらもっとうまいという話になり、ご飯を注文。これがまた正解。

 店を出て帰る途中、もう一人の同僚がこの店のおやじが作る肉まんはうまいというので、居眠り中の店番のおやじを起こし、でかい肉まんのおみやげを購入。この肉まんは、今日の晩飯になった。たまには外出するのも気分が変わっていい。
[PR]
by ole_kohoku | 2004-12-09 00:18 | 雑記

食器洗い乾燥機

b0046234_225026100.jpg
 帰宅したら食器洗い乾燥機がキッチンに取り付けられていた。数週間前と比べて、急に値下げされたらしい。買う前に女房から工事費は無料だと聞いてたけど、キッチンの水栓から分岐する金具は有料で1万数千円だったとか。話が違うじゃないかと思ったけど、皿洗いすることもなくなるだろうと思って黙ってた。結構なことです(^^;)
[PR]
by ole_kohoku | 2004-12-02 22:36 | 雑記

YKK

b0046234_22491417.jpg YKKのひとり、K衆議院議員の講演を聴く機会があった。「ブッシュ大統領再選と小泉内閣」をテーマに約1時間、さすがに話はうまくて、わかりやすいし、なるほどと思ったけど、だからどうするんだということがなくて、なにかもの足りない感じ。

 議員辞職してから再当選するまで、コロンビア大学で教鞭をとっていたとのこと。確かに国際政治学者的なインテリジェンスは感じられたけど、大衆受けしそうな政治家的インパクトはなかった。そういうタイプの政治家じゃないのだろうけど。

 日米関係、日中関係、何ごとにおいても距離感が重要という講演だったので「YKKと言われていた首相との距離感はどうなのか」という質問が出て、「YKKは役割を終えた」と答えていたからジッパーも開ききってしまったようだ。今ではYKKよりKKKで存在感を示しているし…。
[PR]
by ole_kohoku | 2004-11-30 22:31 | 雑記
 数字の語呂合わせで「いい夫婦の日」なのだそうだ。こんな日があるのを知らなかったけど、いつごろからなんだろう。休暇を取ったので、女房と買い物に行き、紺のブレザースーツを購入した。

 続いて、港北東急のシネマに行き、宮崎アニメの最新作「ハウルの動く城」の予約チケットを購入、上映時間は今晩の20時50分。いい夫婦の日ということで、映画も割引があり、ひとり1000円で、娘の学割よりも安い。3人で締めて3200円。さて、そろそろ見に行く時間だ。
b0046234_19221230.jpg

[PR]
by ole_kohoku | 2004-11-22 19:11 | 雑記

ボジョレーヌーボー

b0046234_2322798.jpg

ボジョレーヌーボーの解禁日、社内のレストランで飲み放題¥980。今、味わっているところ。酸味がなく、飲みやすい。GOOD!です。
[PR]
by ole_kohoku | 2004-11-18 18:53 | 雑記

内視鏡のベテラン

b0046234_9113730.jpg
 内視鏡の検査を受けた。今回は上部消化器(胃)と下部消化器(大腸)の両方。上からも下からも同じ日に済ますのは初めての経験。検査をお願いするI先生は十数年前の開腹手術のときからお世話になっている内視鏡の専門医。

 検査の日を決めると内視鏡検査に不安を感じている患者に看護婦さんがやさしく検査のことを説明してくれるのだが「この人はもうベテランだから大丈夫だよ」とI先生のひと言で細かい説明は省略。大腸の内視鏡検査は毎年1回、かれこれ十数回経験しているので、ベテランには違いないけど…。

 検査前日の夜9時、マニュアルにしたがい、下剤ラキソベロン(写真:コップの手前の小さいボトル2個)をコップ一杯の水に溶かして服用、味は甘い。明日の検査に備え、11時に就寝。下剤の効果は眠ってから催してくる。1回目は0時40分、2回目は5時30分。看護婦さんに聞かれるので時計をチェックしておく。

 次の試練は6時起床でニフレックス(写真:銀色のパック)という腸管洗浄剤を2リットルの水に溶かして、2時間で飲むこと。目盛り付き専用ボトル(写真:マイボトルを持っているところがベテランたるゆえん)にニフレックスの粉を溶かし、前日から冷やしておく。冷えてないととても飲めないニフレックスを30分ごとに500CCずつ一気飲み。初心者のころはとても一気に飲めなかったものだ。味は薄い塩水で薬っぽい。飲み始めて1時間以上過ぎたころから催してくる。トイレに通うこと6~7回で最後は薄い色の付いた水だけの状態になる。これで検査準備OK。電車で病院に向かう。

 検査は11時から開始。内視鏡室で検査着に着替え、尻に穴のあいた紙パンツをはき、診察台で横になる。血圧計をつけ、抗生物質の入った点滴を打ち、先生が「眠くなるよ」といいながら麻酔剤を点滴チューブから流し込む。少しずつ頭がボーッとしてきて、いつの間にか意識がなくなる。気がついたときには検査が終わっているのだが、今回は大腸の次が胃ということで、意識朦朧状態のまま胃に内視鏡が入ってきた。ときどき「オェー」となりながらもボーッとしてるおかげか、苦しさ半減で検査は終わった。すぐに内視鏡の写真を見せられ、ボーッとしたまま、先生の説明を聞く。大腸は異常なし。胃は荒れた箇所から採取した細胞を検査することになった。

 結果は後日ということで点滴が終わるまで休む。薬が残っているので、そのまま寝てしまう。看護婦さんが起こしに来たときは午後2時を過ぎていた。着替えて、支払を済ませ、病院を出る。初めのころ、検査後は疲れていて、歩いて帰るのもつらかったのだが、最近はなんともない。この日は途中で昼食を取り、夕方から会議があるので、そのまま会社に出勤した。やはり「検査のベテラン」の域に達しているようだ。このまま行けば、近い将来「検査の達人」になれるかもしれない。
[PR]
by ole_kohoku | 2004-10-27 09:12 | 雑記
 「空中ブランコ」で直木賞を受賞した奥田英朗氏の精神科医・伊良部一郎シ
リーズ前作にあたる作品「イン・ザ・プール」を読んだら、毎日泳がずにいら
れない、しかも長い距離を泳ぎたくて仕方がない患者が登場します。
 かなり笑える小説です。空中ブランコもおもしろい。
b0046234_22322655.jpg

[PR]
by ole_kohoku | 2004-09-04 22:16 | 雑記