マスターズ水泳チーム    「オーレ港北」代表ヒロ


by ole_kohoku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2005年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

b0046234_22244065.jpg 明日は東海道新幹線、上越新幹線と乗り継いで遠征する。現地の天気予報を見たら、12時ごろから弱雨だ。なんとか降らずに天気がもってくれないかと願うばかり。

 5月のゴルフは練習ラウンドで今回が本番だけど、そのときからクラブに触ってないので、どうなるかは見当がつかない。前回痛めた右肘も気をつけなければ…。

 今回はお客さんとのプレーなので、神経を使う雑務もある。一番面倒なのは支払い用の現金を預かっていること。普段いくらも入ってない財布がはち切れそうだ。いずれにしても仕事でプレーするのだから、明日はプロゴルファーだな。
【7/3追記】
 スタートのときはポツポツだったが、数ホール回ってからは傘が必要になる雨中のゴルフ。遠くで雷のゴロゴロ音が聞こえてくる。6ホールを終わったところで、雷鳴が近づいてきて、雨も土砂降りになった。ゴルフ場に雷待避のサイレンが鳴り響いた。コース途中の売店に避難して待機。排水溝には豪雨の水が音を立てて流れている。

 20分~30分ぐらい待つと雷鳴は収まり、小雨になってきたので、残りホールのプレーを再開したが、今度は霧が出てきた。幸いすぐに霧は晴れ、雨も上がってきたのでプレーには支障なし。昼食後の後半は雨もやみ、晴れ間ものぞく蒸し暑さ。汗びっしょりでホールアウト。

 一風呂浴びて、汗を流した後、プレーした10名は宿泊地まで、ゴルフ場のクラブバスで送ってもらった。フェアウエーの芝は荒れてなくフカフカしている。プレー費は安い。バスの送迎はしてもらえる。サービスがよくて感心した。ゴルフ場も競争がきびしいのだろう。地方のゴルフ場は穴場かもしれない。

 10名のコンペで、お客さん6名、接待側4名。もし接待側が1位から3位に入ったら賞品を辞退する申し合わせをしていたが、よけいな心配だった。お客さんの方がはるかにうまく、接待側は順当に下位をキープ。おかげで温泉での宴会を兼ねた表彰式も盛り上がった。途中の雷と豪雨で、幹事としては中止も考えたりしたけど無事に終わって、めでたしめでたし。自分の成績は5位でした。
[PR]
by ole_kohoku | 2005-06-30 22:46 | 雑記

オーレ港北チーム練習

b0046234_21255148.jpg オーレ港北チームの横浜国際プール練習日。今日の参加者は12名(男5名、女7名)で、これまでの最多人数になった。長水路プールでの練習なので、これだけの人数でも余裕がある。5秒おきにスタートするインターバル練習も先頭と後尾で1分の差ができる。長水路を一列縦隊で泳いで行くさまは壮観だ。

 参加人数が増えたのも新しいメンバーが加わったおかげ。チームのホームページからメールで練習参加の希望があり、参加してからチームのメンバーになるケースが多い。練習日のお知らせや大会要項と記録など、チームメンバーへの案内中心で面白みもなく、アクセス数ものびないホームページだが、しっかりと役に立ってくれている。それと、わたしが所属するセントラル横浜の水泳仲間が参加してくれるのもうれしい。こちらも参加人数の増に貢献してくれている。

 今日の練習では、フリースタイルのTIドリルをピックアップして行い、そのあとストローク数を減らすようにドリルを意識してのプルとスイム。

 ピックアップしたドリルは次の通り。
  ①Sweet Spot
  ②Fish Drill
  ③Skating
  ④Under Switch
  ⑤Zipper Switch
  ⑥Over Switch

 1年以上前からチームの練習メニューにTIドリルを取り入れていたので、そのうちに効果が出てくることを期待して続けている。前のブログで書いたスイムサロンに行ってみようかと相談しているメンバーもちらほら。かなりマインドコントロールも効き始めている。(笑)

 7月と8月は夏休みシーズンのため、コースの専有貸し出しはない。チーム練習も秋まで休止だが、毎週日曜日に時間を決めてチームメンバーが集まり、団体練習にならないように注意しながら一緒に泳ごうと思っている。長水路で泳ぐのは気分がいいからね。
[PR]
by ole_kohoku | 2005-06-26 22:20 | Swimming
b0046234_22473333.jpg オープンしたトータル・イマージョン・ジャパンのスイムサロンを訪ねて、代表の竹内慎司さんに話を聞いた。

 TIジャパンのウェブページを公開後、日本のスイマーからの反響は予想以上だった。ウェブページからの情報発信だけで、「カンタン・クロール」のDVD購入注文は、すでに500枚を越えている。売れると思ってなかった他の商品も一緒に売れるので、日本の水泳マーケットの大きさに驚いているという。

b0046234_230720.jpg サロンオープンに向けて、エンドレスプールの組み立て、60インチテレビ、カメラ、画面分割装置、DVDレコーダーなどのAV機器設置を行い、15日にウェブで公開して予約を受付、20日からスイムクリニックを開始したところ、こちらも6月中の予約はすべて埋まり、遠方から何時間もかけて来るスイマーもいるという盛況ぶり。

 このエンドレスプールで泳いだ。水流の速さのMAXは100ヤード(約90m)を1分で泳ぐレベル。竹内さんが泳者のスピードに合わせて水流の速さを調節する。4個所からのカメラが泳者のフォームを録画する。泳ぎを止めて映像モニターをその場で確認できる。泳ぐ→映像でフォームチェック→アドバイスを受ける→再度泳ぐという流れの繰り返しで、TIの泳法をマスターするというシステム。

 四つの方向から自分の泳ぎを見るのは、まさに「がまの油売り」に出てくる四六のがま気分。四方を鏡ならぬカメラに囲まれ、さらにプールの底と正面には鏡、おのれの姿が鏡にTVに写るのを見て、驚き、たらぁり、たらりと油汗を流してしまった。撮影した映像はDVDに焼いてくれるので、帰宅してからも油汗たらぁりは続く。

 とにかく自分の泳ぎの問題点がみんなわかってしまう恐ろしい装置。ブレスのとき、入水した手を支えにして、わずかながらも頭を起こして呼吸してるのがしっかりと写ってた。自分では頭のてっぺんから胴体に刺した串を軸に回転させて呼吸していると思ってたけど、できてなかったとは…。

 TIジャパンの立ち上げからエンドレスプールの組み立て、AV機器の取り付け、ウェブサイト構築、クリニックオープンとすべて一人でやってきた竹内さんにはTIへの情熱が感じられた。大人を指導するにはまず理論武装が必要だと強調する。確かにその通りだろう。習う生徒を理屈で納得させられないとコーチは信頼されない。スポーツクラブではよくある話だ。竹内さんは教えていると自分も練習したくなるという。教えたとおりに自分はできるのか、確かめたくなるからだ。

 ご家族は米国にいて、日本には逆単身赴任(というかな?)。一旦、米国に戻って、再帰国する7月中旬からは女性インストラクターを加えて本格的にTIジャパンの活動を始める。8月には都内のホテルを使ったワークショップをスタートさせる予定。秋にはTI創始者のテリーさんが訪日したいと言っているとのこと。それまでにはきっとTIジャパンも軌道に乗っているだろう。

 DVDを購入したみなさん、スイムサロンでのクリニックはお薦めです。
トータル・イマージョン・ジャパンの紹介ページ
[PR]
by ole_kohoku | 2005-06-23 22:47 | Swimming

PLUTO

b0046234_2141580.jpg

 浦沢直樹の「PLUTO」、鉄腕アトム「地上最大のロボット」のリメーク版。というよりもSFミステリーとして、別の作品に仕上がっている。なかなか読み応えのある傑作。手塚治虫の原作とセットで第2巻まで発売中。
b0046234_2120775.jpg

 手塚治虫の原作は、地上最大のロボット「プルートウ」が次々に世界中のロボットに戦いを挑むストーリー。戦う相手はスイスのモンブラン、スコットランドのノース2号、トルコのブランド、ドイツのロボット刑事ゲジヒト(PLUTOでは主人公)、ギリシャのヘラクレス、オーストラリアのイプシロン、そして日本の鉄腕アトム。中学生のころ、ドキドキしながら夢中で読んだ記憶がある。
b0046234_2145264.jpg
 当時、テレビのアニメも始まり、スポンサーの明治マーブルチョコレートを買うとアトムシールが入ってた。鉄腕アトムが聖火を持って走っているシールは東京オリンピック(1964年)の年に作られたデザインだろう。このアトムシールとマーブルチョコレートのケースは「PLUTO」第2巻の付録で、もちろん復刻版。ケースだけで中身のチョコレートがないのは残念だけど、懐かしい。シールは左から浦沢直樹の「ノース2号」と「ゲジヒト」、手塚治虫の「鉄腕アトム」と「お茶の水博士」。
[PR]
by ole_kohoku | 2005-06-18 21:05 | 雑記

ゴルフ(その3)

b0046234_22315022.jpg 1カ月前のゴルフで5年ぶりに引っ張り出したキャディーバッグを整理したらプロゴルファーの岡本綾子がデビューしたころの写真付きマーカーとグリーンフォークのセットが出てきた。

 マーカーはグリーンに乗ったボールを取り上げるとき、元の位置がわかるように置く目印。グリーンフォークは打ったボールがグリーンに落ちたときにできるボール跡でへこんだ芝を元に戻すための道具。
b0046234_22325295.jpg
 樋口久子青木功に次いで、日本人として3人目に世界ゴルフ殿堂入りを果たした岡本綾子がNECと契約していたころのものなので、岡本選手はまだ20代前半だったはず。おそらく30年もののマーカーとフォークかもしれない。

 よく、なくならずにバッグの中に残っていたものだと思う。記憶にないけど、NECの営業からもらったんだろうな。非売品だし、ここまで月日がたつと保存しておきたくなるね。
[PR]
by ole_kohoku | 2005-06-13 21:51 | 雑記

テンポトレーナー

b0046234_2240072.jpg TIジャパンの通販で購入した「テンポトレーナー」を使ってみた。詳しい使い方や練習方法はTIジャパンのウェブページに書かれているので、ここでは省略。

 タイマーはセットした秒間隔で「ピッピッピッピッピッピッ…」と鳴り続ける。この音にストロークを合わせてクロールを泳ぐ。静かなところではかなり大きな音で聞こえるけど、頭の後ろにつけると音がちょっと聞き取りにくい。特にプールがにぎやかなとき。音を聞こうと意識を集中するからかえっていいのかな。どちらかといえば、耳の近くのキャップの中に入れた方が聞きやすい。

 タイマーを1.5秒にセットして泳いだ。わりとゆっくりとしたストロークになる。25mを15ストロークで泳いだ。1.5秒×15で22.5秒になる。次は1.0秒にセットした。0.5秒テンポが上がるとかなり早くなった感じがする。滑る距離が減って18ストロークに増える。1.0秒×18で18秒。

 ストローク数を1.5秒のときも1.0秒のときも同じ15ストロークにすれば、単純計算で0.5秒×15の7.5秒速くなるという理屈。25mで7.5秒も速くなるなんて、たいへんなことだと思う。計算、間違ってないだろうな。σ(^^;)

 しばらく、1.5秒でも1.0秒でもストローク数が同じになるように練習してみるつもり。3つ減らせば、7.5秒速くなれるのだ!
 
[PR]
by ole_kohoku | 2005-06-12 22:40 | Swimming

同僚の作品(6/6追記)

b0046234_22125767.jpg

b0046234_10281913.jpg 会社の同僚から自作のジャガイモとタマネギをいただいた。

(6/6追記)
 それぞれの種類のジャガイモをそのまま電子レンジで加熱、シンプルに食べ比べてみた。写真左の赤い皮がアンデス、中央が男爵、右がメイクイーン。

 比べると、たしかに味はちょっと違うような感じはするのだけど、それぞれのジャガイモの味の違いをうまく表現できる文章力がない。σ(^^;)

 ということで、おいしい味を想像してみて下さい。
 今晩は、オニオンスライスと肉じゃがを食べました。
[PR]
by ole_kohoku | 2005-06-03 21:50 | 雑記
 このところ、落ち着いてブログを書いてる時間がないので、書こうと思っているネタを一気に数本登録しておこう。予告編みたいなもので、こうしておけば、落ち着いたときに書くはず。σ(^^;)

b0046234_22434092.jpg【6/5追記】
 月島のもんじゃ焼。この写真は豚キムチもんじゃ。マスターズ大会が終了した直後の辰巳国際水泳場かいわいは真っ暗な空からどしゃ降りの雨といなびかり。その中をズボンの裾をまくり上げて、地下鉄辰巳駅まで移動。月島の商店街を歩いてお店に向かうときはかなり雨足も弱まった。月島のもんじゃ街で、開業50周年の老舗を24名で予約しての大会打ち上げ。いつものことながらにぎやかに盛り上がりました。

b0046234_22443254.jpg
 雨の上がった月島の商店街を帰路につく。先週の土曜日(5/28)にテレビ東京のアド街ック天国で月島を特集していたけど、最近は高層マンションがにょきにょき立っている。


b0046234_2247427.jpg セントラルグループのマスターズ大会。辰巳国際のメインプールを横切って泳ぐ短水路大会。マスターズ登録をこの日のためにオーレ港北からセントラル横浜に移行。セントラル横浜からは総勢28名が出場した。きちんと全員のラップを取ってくれるマスターズ担当コーチに感謝。

 「トレーニング1500m」のレッスンを担当している新入社員コーチ(女性)が200自由形に出場、バタフライで泳ぎ、2分20秒。18-24歳区分の大会記録をあっさり更新した。バッタがスタイル1で、日本選手権、国体にも出場していたコーチ。もちろん、打ち上げ時のヒロインでした。

 この日は96年以来、9年ぶりに1個メに出場。見事にぞろ目のタイム(1分33秒33)をねらってだしました。うそですけどね。(笑)
 9年前の1個メのタイムは1分32秒だったので、あまり進歩してないと思うべきか、まだ衰えてないと思うべきか、微妙なところです。σ(^^;)
[PR]
by ole_kohoku | 2005-06-03 21:48 | Swimming