マスターズ水泳チーム    「オーレ港北」代表ヒロ


by ole_kohoku
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
 スタートから45分が経過して、再びゴールに向かって泳ぎはじめた時点から小さなトラブルがでてきました。一つは私ともう一人のキャップが波にもまれて、何度も脱げかかったことです。

 大会で支給されたキャップは赤い薄っぺらな布製で、かぶってから紐をしめるタイプです。子供の頃の運動会でかぶった赤白帽子のつばのないものをイメージして下さい。このキャップの正面にマジックで選手番号が書いてあります。

 昨年も出場したチームの女性から「メッシュキャップの上からかぶった方が脱げにくい」というアドバイスが事前にありました。アドバイス通り、メッシュキャップの上にカバーをするような感じで、支給されたキャップを安全ピンで前後2カ所止めて2枚重ねにしてかぶり、紐を後ろでギュッとしめました。

 この紐をギュッとしめたことで、一度脱げると簡単にかぶれず、泳いでは止まりの繰り返しで、何度もかぶり直すことになってしまい、チームの泳ぐリズムが乱れました。じゃまになるので、捨てたかったのですが、監視船が赤いキャップを見印に見張ってくれているはずなので、見捨てられないため(笑)にも我慢して、最後までかぶり続けました。

 もう1つはゴーグルの水漏れ。初めてのオープンウオーターに備えて、インターネットで見つけた視界の広そうなゴーグルを購入しました。
 こんなのです。
   ↓
 http://www.totalimmersion.net/gogs-seal-tinted.html
b0046234_22503166.jpg

 非常に顔にフィットして具合がよかったのですが、だんだん呼吸をするときの口を開ける動作が大きくなってきて、顔面の動きも大きくなってきたのでしょう。マスクの下部から海水が漏れてきました。これまた、ときどき止まって水抜きをするということになってしまいました。ちょっとストラップをゆるめにしてたのと、使い慣れてなかったのが原因だと思います。

 泳ぐリズムを乱しながらも3人は泳ぎ続けました。3人とも疲労感はありません。時計を見るとすでに1時間15分経過しています。周りにはだれも泳いでいません。予定(1時間半もあればゴールできると思っていたから)では、まもなくゴールのはずなのですが、まだ海の真ん中にポツンといるような感じです。ここで3人とも「???」になってしまいました。
                              (つづく)
[PR]
# by ole_kohoku | 2004-08-15 13:42 | Swimming